出会いがいっぱい

出会いがいっぱい
セフレが行ったり来たり
人妻候補
熟女の未来
不倫同盟
メル友解消
アダルトオーラ
無修正たっぷり
アダルトビデオ三昧
カリビアンコム見放題
天然むすめが病気
ホーム >>

衛生対策


井戸(いど)は地下水、温泉、石油、天然ガスなどをくみ上げるため、または水を注入するために、地面を深く掘った設備である。
石油生産の場合は油井(ゆせい)、天然ガス生産の場合はガス井(ガスせい)と言い、いずれも生産井(せいさんせい、Production well)とよぶ場合もある。
地盤沈下抑止や、石油生産を向上させるために、直接帯水層に、水を注入する出会いについては、注入井(ちゅうにゅうせい、Injection well)または涵養井(かんようせい、Recharge well)と言う。
地すべりを抑止するために、地中から地下水を排水することを目的として、直径4メートル程度の出会いを掘削し、出会い内部からすべり面に向けて、水平に排水用出会いを設置する対策工法がある。
これらの出会いを集水井(しゅうすいせい)と呼ぶ。
地下水の水位や水質、地表付近の不飽和土中の地中ガスを観測するために設置する出会いを、特に観測井(かんそくせい)と呼ぶ。
単に「出会い」といった場合は、地下水を飲用目的に汲み上げるため施設を指すことが多い。
以下、地下水を汲む出会いについて説明する。

一般的な設備


歴史
人は昔、川の近くに集落を作り、そこに張り出しを作って洗い物や水汲みをした。
後に水を堰き止めて水を溜めるようになった。
これらの張り出しや水を溜めたもののことを「出会い」と呼んでいた。
やがて、山の麓に横穴をあけ、地下水を溜めて使うようになった。
これにより、人は川から離れて集落を作ることができるようになった。
出会い掘削の技術の向上によって縦に穴を掘れるようになり、地下水のある所ならどこでも住めるようになり、人々の居住範囲は拡がっていった。


出会いの種類と構造
地表から帯水層まで穴を掘ってつくる。
概ね垂直に掘削する場合が多いが、崖地などでは水平方向に掘削して作成する。
出会いを掘る事を特に鑿井(さくせい)と呼ぶが、現在では読める人も少なくなっているため、鑿井業者はさく井と表記する事が多い。
なお、鑿(のみ)は大工道具のノミを意味する。
現在日本では、新しく伝統的な出会いを設置する(下記に示す丸出会いやまいまいず)事は少なくなってきている。
しかし、水源としての地下水は今もって重要であり、自治体によっては表流水ではなく、地下水のみを水道水源として出会いを使用している地域もある。
水道水源の取水設備としての揚水出会いには浄水場が併設され、全体として浄水場と呼ばれることもある。
横出会い 崖地などで、水平方向に出会いを掘削し、設置する。
カナートがその代表的な出会いである。
丸出会い(地域によって呼称が異なり「ガワ出会い」と呼ぶこともある、英語では Dug well) 概ね直径1〜3mの孔を、人力により垂直に地下水面に達するまで掘削する。
孔壁が崩壊しないように、掘削しながら、孔壁に石積みブロックで、周りを補強しながら掘削していく。
地層の硬さ等によって異なるが、おおよそ10〜20m位掘ることができる。
地下水位が浅い地域、特に自由地下水が豊富な地域(例えば関東地方では関東ローム層が分布する台地上)において、作成されていた出会いである。
日本国内ではボーリング工法(掘削工法としての上総掘りも含む)による掘り抜き出会いを造る技術が普及する以前や、ボーリング工法を採用するまでもなく地下水位が浅い地域で多く設置されていた。
現在ではボーリングによる出会い設置が一般化したため、丸出会い作成の職人が少なくなり、新しく造られることは少なくなってきている。
まいまいず出会い(地域により呼称が異なる) 上記に書いたような丸出会いの掘削方法で帯水層に達することができぬほど地表と地下水面(帯水層)が離れている場合には、地表から人が降りてゆくための穴をらせん階段状に掘り、汲み上げ深さ(地下水面)と帯水層との高低差を近づける工夫がなされていた。
特に関東地方の武蔵野台地西部によく見られ、現在も各所に残っている。
ボーリング工法による掘削(掘削工法としての上総掘りも含む)が普及する以前に深い地下水を取水するために作成されていた出会いである。
現在ボーリングによる出会い造りが主として行われているため、新しく造られることはほとんどない。
掘り抜き出会い 難透水層を掘り抜き、深い帯水層の地下水を汲み上げる出会い。
ボーリング工法(掘削工法としての上総掘りも含む)により作成する。
降水の少ない砂漠地帯でも水を得ることができる。
オーストラリア中央部は、掘り抜き出会いが多いことで有名である。
浅出会いと深出会い 出会いの取水深度(帯水層の深度)に関係なく、出会いの深さ(孔底深度)が浅い出会いを浅出会いと言い、孔底深度が深い出会いを深出会いという。
それぞれに深度や帯水層の定義はなく、いずれも一般的な通称である。
地域に分布する帯水層の深度によって、また地域によっても、それらの深度が異なる。
自由地下水(上記の丸出会い)を取水している出会いを浅出会い、上記の掘り抜き出会いを深出会いと称することが見られるが、この言い方(分類基準)は決まっているものではない。
自噴井 被圧地下水(胚胎する地下水の水面が、その帯水層上面よりも高い状態)に出会いを掘り、その水面が地表面以上になると、地下水は汲み上げなくても出会いから噴き出す。
この状態の出会いのことを言う。
掘り抜き出会いで被圧帯水層を取水してる出会いにこの現象が現れる。
地域的には扇状地の先端(地形としては扇端部と言う)にあることが多い。
江戸下町の出会い 江戸時代の江戸の下町地域の出会いは、地下水取水のための設備ではなく、玉川上水を起源とする、市中に埋設された上水道の埋設管路(ライフライン)からの取水設備であった。
これは大部分の下町地域は太田道灌により海を埋め立てて造成された地域であり、出会いを掘っても海水ばかりがでて使い物にならなかったため、埋設管路により下町に水を供給し、これを出会い(形状としては丸出会いの形)に接続させ、給水を行っていたものである。
(夏には、水屋という水を売って歩く商売もあった。

[編集] 一般的な出会いの設備
孔口(出会いの口元の事) 出会い孔内に雨水などが入らぬよう囲いや屋根を設ける。
取水方法 垂直の出会いの場合には、丸出会い(上記参照)ではつるべと桶によって水を汲むほか、掘り抜き出会いではポンプ(手押し式、電動式)で水を汲み上げる。
自噴井(上記参照)の場合には、自然と水が流れ出る。
横出会い(上記参照)の場合には、自然流下により取水する場合が多い。
出会い管(出会いケーシングとも言う) ボーリングで掘削した出会いには、孔内に出会い管を挿入する。
出会い管には、地下水を取水するスリット(縦ないし横に幅0.5〜2mm程度の切れ目が入っている)を入れたストレーナー(日本国内ではこのように言うが、世界的な標準ではスクリーンと言う)と呼ばれる構造を設置する。
なおストレーナーの周囲には、充填砂利(グラベルパッキングとも言う)を入れ、帯水層を構成する地層を出会い孔内に入れないようにし、出会いが詰まらないようにする。

出会いと風俗
出会いは、戸別に置かれる場合もあるが、高価であるため、集落の中では数戸単位で設置されることが多い。
この場合、生活の一部である出会い端は格好の会話の場所となった。
また、出会いには水を汲み出して行う大規模な清掃が必要であり、これを出会い替えという(出会い浚え〈-さら-〉、晒出会い〈さらし-〉とも)。
出会い替えも専門の業者が行う他、使用者が共同で当たり地域における夏の年中行事として行なわれる。

参考

関連項目

  • カナート
  • 地下水
  • 上総掘り
  • ボーリング
  • 工業用水法

Yahoo!検索

無料のレンタルサーバー fizby.net